表紙へ戻る  
 はじめてご利用の方へ 
  
 d-score.comに関連する商品を
 ダウンロード販売するサイトです。
 
 楽譜表示ソフトScore Grapher Alive 
       価格 1,980円(税込)
 楽譜作成ソフトScore Grapher Lite
       価格 4,980円(税込)
 楽譜作成ソフトScore Grapher Pro
       価格 23,800円(税込)
  
 お気に入りのページを最大50件まで 
 記憶できる便利な機能です。
  
 歌詞を入力すると自動で作曲 
 
    スコアグラファー・コンポ
 
  ウェブアプリケーション(無料)
 
音楽家 年表 - チャイコフスキー
   人物
 1840年5月7日 チャイコフスキー生まれる  1840年生
 1841年 ジョセフ・クライン・エメット 生まれる  1841年生
1841年  (日)天保の改革 
 1841年9月8日 ドボルザーク 生まれる  1841年生
 天保12年9月29日 中村秋香 生まれる  1841年生
 天保 東儀季熈 生まれる  天保 生
 1842年5月13日 アーサー・シーモア・スリバン 生まれる  1842年生
 1842年12月9日 サミュエル・ウッドワース 亡くなる  1842年没
 1843年6月15日 グリーグ 生まれる  1843年生
 天保14年閏9月29日 品川弥二郎 生まれる  1843年生
 1844年1月31日 アダムス 生まれる  1844年生
 1845年 リディア・エーヴリー・クーンレイ 生まれる  1845年生
1845年  (独)ワーグナー「タンホイザー」初演 
1845年  アイルランドの大飢饉発生 
 1845年5月12日 ガブリエル・ユルバン・フォーレ 生まれる  1845年生
 弘化2年8月6日 千家尊福 生まれる  1845年生
 1846年2月24日 ルイージ・デンツァ 生まれる  1846年生
 1847年4月26日 ガッティ 生まれる  1847年生
 1847年11月4日 メンデルスゾーン 亡くなる  1847年没
 弘化4年12月22日 東郷平八郎 生まれる  1847年生
 1848年 ウェザリー 生まれる  1848年生
1848年  ヨーロッパ全土に革命が広まる 
1848年  (米)西海岸でゴールドラッシュ 
 嘉永元年9月27日 外山正一 生まれる  1848年生
 1849年 ベンジャミン・ルイス・ポール・ゴダール 生まれる  1849年生
 1849年10月17日 ショパン亡くなる  1849年没
 嘉永3年 旗野 十一郎 生まれる  1850年生
 嘉永4年(1851年) 矢田部良吉 生まれる  1851年生
 嘉永4年 上真行 生まれる  1851年生
 嘉永4年6月2日 伊沢修二 生まれる  1851年生
 1851年10月8日 ジョージ・アレキサンダー・リー 亡くなる  1851年没
 1852年 ネーサン・ハスケル・ドール 生まれる  1852年生
1852年  (米)ストウ夫人『アンクルトムの小屋』出版 
 1852年1月8日 マリー 生まれる  1852年生
 1852年2月25日 トーマス・ムーア 亡くなる  1852年没
1853年  (露)(土)クリミア戦争始まる 〜1856年 
1853年  (日)アメリカ船、浦賀に来航(黒船来航) 
1853年  (日)ロシア船、長崎に来航、通商要求 
1854年  (日)日米和親条約締結、開国に進む 
 嘉永7年8月9日 下田歌子 生まれる  1854年生
 安政2年(1855年) 田中穂積 生まれる  1855年生
 安政2年3月23日 阪正臣 生まれる  1855年生
 安政2年5月4日 鳥居忱 生まれる  1855年生
 1856年2月17日 ハイネ 亡くなる  1856年没
 1856年7月29日 シューマン亡くなる  1856年没
 安政4年4月29日 大和田建樹 生まれる  1857年生
 1857年7月15日 ツェルニー 亡くなる  1857年没
1858年  (日)西洋各国と修好通商条約締結 
 安政5年 奥山朝恭 生まれる  1858年生
 1858年4月16日 クラマー 亡くなる  1858年没
 安政5年9月20日 奥好義 生まれる  1858年生
1858年  イギリスがインドを併合 
1858年  (仏)(埃)スエズ運河会社が設立される 
1859年  イタリア統一戦争 
 1859年8月7日 ハロルド・ボルトン 生まれる  1859年生
1859年  (英)ダーウィン『種の起源』刊行 
 1859年12月31日 ルイージ・リッチ 亡くなる  1859年没
1860年  (日)桜田門外の変 
 1860年5月29日 アルベニス 生まれる  1860年生
 1860年8月26日 ジルヒャー 亡くなる  1860年没
 1860年9月18日 クリントン・スカラー 生まれる  1860年生
 1860年11月28日 レルシュタープ 亡くなる  1860年没
 万延2年(1861年) 内田粂太郎 生まれる  1861年生
1861年  (米)リンカーン、大統領に就任 
1861年  イタリア王国の成立 
1861年  (米)南北戦争勃発 〜1865 
 1861年9月29日 バダルジェフスカ 亡くなる  1861年没
 1861年12月18日 マクダウェル 生まれる  1861年生
 文久元年11月22日 落合直文 生まれる  1861年生
 1862年8月22日 ドビュッシー 生まれる  1862年生
1862年9月  (日)生麦事件 
 1863年 ジェシー・ゲイナー 生まれる  1863年生
1863年  (日)薩英戦争 
 田辺友三郎 生まれる 
 1863年5月14日 バイエル 亡くなる  1863年没
 加藤義清 生まれる  1864年生
 1864年1月13日 スティーブン・フォスター 亡くなる  1864年没
 文久3年12月11日 小山作之助 生まれる  1864年生
 文久4年1月1日 川上音二郎 生まれる  1864年生
 1864年7月6日 ジョージ・パーキン・モーリス 亡くなる  1864年没
1864年  (瑞)赤十字の誕生・ジュネーブ条約 
 慶応元年9月8日 永井建子 生まれる  1865年生
 慶応元年9月24日 納所弁次郎 生まれる  1865年生
 慶応元年10月12日 石原和三郎 生まれる  1865年生
 慶応元年(1865年) 加藤司書 亡くなる  1865年没
 1866年5月17日 エリック・サティ生まれる  1866年生
 慶応2年5月17日 高楠順次郎 生まれる  1866年生
 慶応3年1月5日 夏目漱石 生まれる  1867年生
 1867年2月5日 ジョン・シルベスター・フェアリス 生まれる  1867年生
 慶応3年5月14日 芳賀矢一 生まれる  1867年生
1867年  (露)マルクスの『資本論』発刊 
1867年  大政奉還、江戸幕府滅ぶ 
 1868年 クラリス・ウイリアム・グローバー 亡くなる  1868年没
1868年  官軍軍楽隊による「宮さん宮さん」が全国に広まる 
 楠美恩三郎 生まれる  1868年生
 慶応4年 鈴木米次郎 生まれる  1868年生
 慶応4年 瀬戸口藤吉 生まれる  1868年生
 慶応4年7月8日 山田美妙 生まれる  1868年生
1868年  (日)江戸から明治へ 
 1868年11月24日 ジョプリン 生まれる  1868年生
1869年  薩摩藩の軍楽生がフェントンに吹奏楽を学ぶ 
 明治2年 多梅稚 生まれる  1869年生
 明治2年 堀沢周安 生まれる  1869年生
 明治2年7月24日 東儀鉄笛 生まれる  1869年生
 明治2年10月17日 山田源一郎 生まれる  1869年生
 明治2年11月5日 大村益次郎 亡くなる  1869年没
1870年  宮内庁に雅楽部が設置される 
1870年  薩摩軍楽隊、フェントン作曲の「君が代」を御前演奏 
 明治3年 吉田信太 生まれる  1870年生
 明治3年6月6日 巌谷小波 生まれる  1870年生
 明治4年(1871年) 森岡常蔵 生まれる  1871年生
1871年  ドイツ帝国成立 
 明治4年1月10日 島村抱月 生まれる  1871年生
 明治4年10月23日 土井晩翠 生まれる  1871年生
 明治5年 杉村楚人冠 生まれる  1872年生
 明治5年2月17日 島崎藤村 生まれる  1872年生
 明治5年 三角錫子 生まれる  1872年生
 明治5年4月16日 北村季晴 生まれる  1872年生
 明治5年6月3日 佐佐木信綱 生まれる  1872年生
 1872年8月11日 ローエル・メイソン 亡くなる  1872年没
1872年  (日)太陽暦へ切り替え 
 明治5年11月3日 武島羽衣 生まれる  1872年生
 明治5年11月29日 添田唖蝉坊 生まれる  1872年生
 明治6年1月8日 芦田恵之助 生まれる  1873年生
 明治6年2月26日 与謝野鉄幹 生まれる  1873年生
 明治6年5月24日 田村虎蔵 生まれる  1873年生
 明治6年9月15日 吉丸一昌 生まれる  1873年生
 明治6年11月4日 泉鏡花 生まれる  1873年生
 明治7年(1874年) 永井幸次 生まれる  1874年生
 明治7年 島崎赤太郎 生まれる  1874年生
 1874年2月13日 ブルクミュラー 亡くなる  1874年没
 明治7年6月19日 久留島武彦 生まれる  1874年生
 明治7年7月7日 児玉花外 生まれる  1874年生
 明治7年8月21日 杉谷代水 生まれる  1874年生
1875年  (仏)ビゼー「カルメン」が初演 
 明治8年 林古渓 生まれる  1875年生
 1875年3月7日 ラヴェル 生まれる  1875年生
 1875年6月3日 ビゼー 亡くなる  1875年没
 明治8年9月25日 益田太郎冠者 生まれる  1875年生
 明治9年 吉岡郷甫 生まれる  1876年生
1876年  (米)ベル、電話発明 
1876年  日朝修好条約(江華島条約)調印 
 明治9年3月15日 蒲原有明 生まれる  1876年生
 明治9年4月13日 高野辰之 生まれる  1876年生
 明治9年8月20日 尾上柴舟 生まれる  1876年生
 明治9年12月17日 島木赤彦 生まれる  1876年生
1877年  東京大学設置 
 明治10年1月4日 桑田春風 生まれる  1877年生
 明治10年5月19日 薄田泣菫 生まれる  1877年生
 明治10年6月30日 東くめ 生まれる  1877年生
 明治10年7月21日 夏目鏡子 生まれる  1877年生
 明治10年10月31日 富山仙六 生まれる  1877年生
 明治11年1月1日 横瀬夜雨 生まれる  1878年生
 明治11年2月16日 岡野貞一 生まれる  1878年生
 明治11年10月10日 真下飛泉 生まれる  1878年生
 明治11年12月7日 与謝野晶子 生まれる  1878年生
1879年  文部省、音楽取調掛を設置 
 明治12年3月20日 犬童球渓 生まれる  1879年生
1879年  琉球藩を廃し沖縄県とする 
 明治12年8月15日 青木存義 生まれる  1879年生
 明治12年8月24日 瀧廉太郎 生まれる  1879年生
1880年  エッケルト編曲「君が代」が雅楽稽古所で初めて演奏される 
 明治13年 田中銀之助 生まれる  1880年生
 明治13年2月14日 近藤朔風 生まれる  1880年生
 明治13年4月3日 前田純孝 生まれる  1880年生
 明治13年10月5日 楠正一 生まれる  1880年生
 明治13年10月25日 後藤桃水 生まれる  1880年生
 1881年 アビー・ファーウェル・ブラウン 生まれる  1881年生
 明治14年 南能衛 生まれる  1881年生
 1881年3月28日 ムソルグスキー 亡くなる  1881年没
 明治14年4月15日 正富汪洋 生まれる  1881年生
 明治14年5月17日 乙骨三郎 生まれる  1881年生
 明治14年7月26日 小山内薫 生まれる  1881年生
 明治14年9月12日 木村小舟 生まれる  1881年生
 明治14年11月30日 小林愛雄 生まれる  1881年生
1882年  (独)ガソリンエンジンの自動車発明 
 明治15年5月29日 野口雨情 生まれる  1882年生
 明治15年9月2日 宮原晃一郎 生まれる  1882年生
 明治15年9月29日 鈴木三重吉 生まれる  1882年生
1883〜1884  (瑞)(英)蒸気タービンの発明 
1883〜1885  (独)ニーチェ『ツァラトゥストラ』発表 
1883年  鹿鳴館が落成(鹿鳴館時代) 
 明治16年1月30日 秋田雨雀 生まれる  1883年生
 1883年2月13日 ワーグナー 亡くなる  1883年没
 明治16年3月13日 高村光太郎 生まれる  1883年生
 明治16年3月18日 宮良長包 生まれる  1883年生
 明治16年7月10日 相馬御風 生まれる  1883年生
1883年  鹿鳴館完成 
 明治17年(1884年) 青柳善吾 生まれる  1884年生
 明治17年(1884年) 長村金二 生まれる  1884年生
 明治17年1月10日 山村暮鳥 生まれる  1884年生
 1884年6月8日 ヘンリー・クレイ・ワーク 亡くなる  1884年没
 明治17年9月15日 竹久夢二 生まれる  1884年生
 明治17年11月04日 楠山正雄 生まれる  1884年生
 明治17年12月14日 小松耕輔 生まれる  1884年生
 明治18年 小田島樹人 生まれる  1885年生
 明治18年1月25日 北原白秋 生まれる  1885年生
 明治18年4月4日 本居長世 生まれる  1885年生
 明治18年5月6日 野上弥生子 生まれる  1885年生
 明治18年5月13日 長田秀雄 生まれる  1885年生
 明治18年7月3日 梁田貞 生まれる  1885年生
 明治18年8月24日 若山牧水 生まれる  1885年生
 明治19年 伝田治郎 生まれる  1886年生
 明治19年3月24日 大和田愛羅 生まれる  1886年生
 1886年4月28日 ストリーボッグ 亡くなる  1886年没
 明治19年6月9日 山田耕筰 生まれる  1886年生
 明治19年6月11日 岡本一平 生まれる  1886年生
 明治19年6月25日 葛原しげる 生まれる  1886年生
 明治19年7月8日 中田章 生まれる  1886年生
 明治19年7月15日 佐々紅華 生まれる  1886年生
 1886年7月31日 リスト 亡くなる  1886年没
 明治19年8月12日 里見義 亡くなる  1886年没
 明治19年10月8日 吉井勇 生まれる  1886年生
 明治19年11月1日 松井須磨子 生まれる  1886年生
1887年  川上音二郎の「オッペケペー節」が流行(壮士演歌の時代) 
1887年  東京音楽学校、東京美術学校が開校 
 明治20年 佐野保太郎 生まれる  1887年生
 明治20年3月1日 長田幹彦 生まれる  1887年生
 明治20年3月22日 中山晋平 生まれる  1887年生
 明治20年12月1日 伊庭孝 生まれる  1887年生
 1887年12月13日 キアルマーク 亡くなる  1887年没
 明治20年12月29日 信時潔 生まれる  1887年生
 明治21年2月8日 翁久允 生まれる  1888年生
 明治21年7月9日 川路柳虹 生まれる  1888年生
 明治21年11月18日 深尾須磨子 生まれる  1888年生
1889年  パリ万博で「美しく青きドナウ」 
 明治22年 沢崎定之 生まれる  1889年生
 明治22年2月1日 清水金太郎 生まれる  1889年生
 明治22年2月17日 藤井清水 生まれる  1889年生
 明治22年4月7日 菊池知勇 生まれる  1889年生
 明治22年6月23日 三木露風 生まれる  1889年生
 明治22年7月23日 井上赳 生まれる  1889年生
 明治22年8月5日 杉山長谷夫 生まれる  1889年生
 明治22年11月3日 柳沢健 生まれる  1889年生
 明治22年12月14日 船橋栄吉 生まれる  1889年生
 明治23年 永井花水 生まれる  1890年生
 明治23年 松島つね 生まれる  1890年生
 明治23年2月27日 白鳥省吾 生まれる  1890年生
1890年  第1回国際メーデー開催 
 明治23年12月3日 佐藤惣之助 生まれる  1890年生
 1891年 ジョセフ・クライン・エメット 亡くなる  1891年没
 1891年 ジョン・ヘンリー・ホプキンス・ジュニア 亡くなる  1891年没
 明治24年 室崎琴月 生まれる  1891年生
 明治24年2月4日 三上於莵吉 生まれる  1891年生
 明治24年5月9日 鹿島鳴秋 生まれる  1891年生
 明治24年9月24日 竹友藻風 生まれる  1891年生
 明治25年(1892年) 中西芳朗 生まれる  1892年生
 明治25年1月15日 西條八十 生まれる  1892年生
 明治6年11月4日 芥川龍之介 生まれる  1892年生
 明治25年3月12日 生田春月 生まれる  1892年生
 明治25年3月18日 林柳波 生まれる  1892年生
 明治25年4月16日 佐々木すぐる 生まれる  1892年生
 明治25年6月30日 弘田龍太郎 生まれる  1892年生
 1892年9月7日 ホイッティア 亡くなる  1892年没
 1892年9月24日 ルイス・ランバート 亡くなる  1892年没
 1892年10月06日 テニソン 亡くなる  1892年没
1893年  (独)ディーゼルエンジン発明 
1893年  ドボルザーク「新世界から」 
1893年  文部省が祝祭日用唱歌として「君が代」ほか8曲を公示 
 明治26年 富原義徳 生まれる  1893年生
 明治26年 松平信博 生まれる  1893年生
 明治26年1月25日 百田宗治 生まれる  1893年生
 明治26年2月14日 草川信 生まれる  1893年生
 明治26年3月26日 福田正夫 生まれる  1893年生
 明治26年5月25日 浜田広介 生まれる  1893年生
 1893年8月5日 ジェームス・ピアポイント 亡くなる  1893年没
 1893年10月18日 グノー 亡くなる  1893年没
 1893年11月6日 チャイコフスキー亡くなる  1893年没
50件 268件 218件
チャイコフスキー
 
 
Peter Ilyich Tchaikovsky
(1840年5月7日〜1893年11月6日)
ロシア
 音楽家年表
 19世紀のロシアを代表する作曲家。1840年5月7日、ロシアのカムスコ・ボトキンスクという田舎町に生まれる。
 小さい頃から尋常ではない鋭く繊細な感性の持ち主として周囲を驚かさせるような少年だった。彼は7歳でフランス語による詩を作り、オルゴールを聞いて一人泣いているような子どもだった。 
 チャイコフスキーが本格的に音楽を学びはじめたは21歳の時からである。彼はその前からロシアの法務省に一等書記官として勤務していたが、1863年、法務省を退職。さらに音楽に専心するようになる。
 ペテルブルグ音楽院は主席で卒業した彼は、66年にモスクワ音楽院に教師として招かれる。ロシアで初めての本格的交響曲「交響曲第1番」を発表したのも同じ年のことだった。
 チャイコフスキーは音楽院で教鞭を取りながら、幻想序曲「ロミオとジュリエット」「弦楽4重曲第1番」(アンダンテ・カンタービレ)、「ピアノ協奏曲第1番」といった作品を生み出してゆく。
「ピアノ協奏曲第1番」は、名ピアニストとして知られたドイツのハンス・フォン・ビューローによってアメリカのボストンで初演され(1875年)、チャイコフスキーは同国で一躍脚光を浴びることになった。
 チャイコフスキーは以後も、「交響曲第4番」「バイオリン協奏曲」「イタリア奇想曲」、オペラ「エフゲニ・オネーギン」、バレエ「眠れる森の美女」、バレエ「くるみ割り人形」、ピアノ曲集「こどものためのアルバム」といった作品を生み出していった。
 ちなみに「交響曲第4番」は、チャーコフスキーを14年間にわたって金銭的に支えたパトロン、ナジェージダ・フォン・メック婦人に捧げられた大作である。
 1893年、彼にとって最後の大作となる「交響曲第6番(標題交響曲)」が初演となる。
 しかしこの作品が舞台にかけられて1週間後の1893年11月6日、チャイコフスキーはコレラに感染し、あっけなく亡くなってしまうのだった。
 初演後、「悲愴交響曲」と名づけられたこの作品は、大作家の心にあふれる悲しみを表したものであるとは、よく指摘されることである。
甘い夢 ---- チャイコフスキー
ひばりの歌 ---- チャイコフスキー
フランスの古い歌 ---- チャイコフスキー
チャイコフスキー ピアノ小品集
辻音楽師 ---- チャイコフスキー
朝の祈り ---- チャイコフスキー
冬の朝 ---- チャイコフスキー
小さな騎士 ---- チャイコフスキー
兵隊の行進曲 ---- チャイコフスキー
病気のお人形 ---- チャイコフスキー
新しいお人形 ---- チャイコフスキー
人形のお葬式 ---- チャイコフスキー
ドイツの歌 ---- チャイコフスキー
ロシアの踊り ---- チャイコフスキー
のだめカンタービレの世界 フランス留学編
『こどものためのアルバム』 - チャイコフスキー
のだめカンタービレの世界 ヨーロッパ編
とってもやさしい のだめカンタービレ名曲集
ロマン派
オーケストラと共演したい のだめカンタービレ
おとぎ話 ---- チャイコフスキー
農夫の歌 ---- チャイコフスキー
チャイコフスキー 「白鳥の湖」
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番
チャイコフスキー くるみ割人形
チャイコフスキー 四季
チャイコフスキー
チャイコフスキー 組曲「眠れる森の美女」
チャイコフスキー 18の小品
チャイコフスキー こどものためのアルバム
YP39 チャイコフスキー ピアノ協奏曲第一番 変ロ短調
作曲家と出会うチャイコフスキー その生涯と作品
ロシアの歌 ---- チャイコフスキー
ワルツ ---- チャイコフスキー
魔女 ---- チャイコフスキー
ポルカ ---- チャイコフスキー
ママ ---- チャイコフスキー
教会にて ---- チャイコフスキー
マズルカ ---- チャイコフスキー
イタリアの歌 ---- チャイコフスキー
ナポリの踊り歌 ---- チャイコフスキー
『PIANO STYLE(ピアノスタイル)Vol.13』
表紙へ戻る