表紙へ戻る  
 はじめてご利用の方へ 
  
 d-score.comに関連する商品を
 ダウンロード販売するサイトです。
 
 楽譜表示ソフトScore Grapher Alive 
       価格 1,980円(税込)
 楽譜作成ソフトScore Grapher Lite
       価格 4,980円(税込)
 楽譜作成ソフトScore Grapher Pro
       価格 23,800円(税込)
  
 お気に入りのページを最大50件まで 
 記憶できる便利な機能です。
  
 歌詞を入力すると自動で作曲 
 
    スコアグラファー・コンポ
 
  ウェブアプリケーション(無料)
 
宮さん宮さん ---- 品川弥二郎/大村益次郎
慶応4年(1868年)3月流行

宮さん宮さん






「トンヤレ節」ともいう。明治の時代(近代)となってからのち、初めて全国に流行した、その第1号と言われる歌である。
 慶応4年(明治元年)3月、「薩長土肥」の軍勢が王制復古の勢いに乗って江戸へと攻め入ったその道すがら、兵士たちが口にしたのがこの歌だったと言われる。当時の官軍の軍楽隊が演じた官軍マーチ(チーターカ・ラッタッタ〜)と同様に、広く長く日本人の耳に残っているメロディである(ただし永六輔は、2003年の『NHK人間講座 人はなぜ歌うか』で、官軍マーチを高らかに演奏しながら軍勢が品川へやってきたというのは伝説でしかないと明言している)。
 歌には、菊の紋が入った錦の御旗を立てた官軍が、鳥羽伏見の戦いほか、勇ましく東征する様子が織り込まれている。 
 この歌は明治18年にロンドンで初演されたオペラ「ミカド」にも登場し、堀内敬三も「明治時代の最初の流行歌は同時に国際的に知られた最初の日本歌曲だったのだ」と説明している。
 詞は、品川弥二郎(1843〜1900)。彼は長州の藩士で、のちに内務大臣から枢密顧問官になった人物。作曲の大村益次郎(1825〜1869)は医学、兵学を修め、のちに兵部省のカナメである兵部大輔に任ぜられた人物(周防国吉敷の出身)だが、彼一人でこのメロディを作ったかどうかは定かではない。


宮さん宮さん
  宮さん宮さんお馬の前に
  ヒラヒラするのは何じやいな
  トコトンヤレ、トンヤレナ
  あれは朝敵征伐せよとの
  錦の御旗じや知らないか
  トコトンヤレ、トンヤレナ

  一天萬乗の帝王に
  手向ひすろ奴を
  トコトンヤレ、トンヤレナ
  覗ひ外さず、
  どんどん撃ち出す薩長土
  トコトンヤレ、トンヤレナ

  伏見、鳥羽、淀
  橋本、葛葉の戰は
  トコトンヤレ、トンヤレナ
  薩土長肥の
  合ふたる手際ぢやないかいな
  トコトンヤレ、トンヤレナ

  音に聞えし關東武士
  どつちへ逃げたと問ふたれば
  トコトンヤレ、トンヤレナ
  城も氣慨も
  捨てて吾妻へ逃げたげな
  トコトンヤレ、トンヤレナ

  國を迫ふのも人を殺すも
  誰も本意ぢやないけれど
  トコトンヤレ、トンヤレナ
  薩長土の先手に
  手向ひする故に
  トコトンヤレ、トンヤレナ

  雨の降るよな
  鐵砲の玉の來る中に
  トコトンヤレ、トンヤレナ
  命惜まず魁するのも
  皆お主の爲め故ぢや
  トコトンヤレ、トンヤレナ



スコアグラファー・アライブ
品川弥二郎
しながわ・やじろう
天保14年閏9月29日〜明治33年2月26日
大村益次郎
おおむら・ますじろう
文政8年5月3日〜明治2年11月5日
品川弥二郎/大村益次郎の楽譜
宮さん宮さん ---- 品川弥二郎/大村益次郎
流行歌の検索
船頭小唄 ---- 野口雨情/中山晋平
みどりのそよ風 ---- 清水かつら/草川信
小諸なる古城のほとり - 島崎藤村/弘田龍太郎
宮さん宮さん ---- 品川弥二郎/大村益次郎
琵琶湖周航の歌 ---- 小口太郎/吉田ちあき
佐渡おけさ ---- 新潟県民謡
湖畔の宿 .... 佐藤惣之助/服部良一
ちゃっきり節 .... 北原白秋/町田嘉章
時計台の鐘 ---- 作詞作曲 高階哲夫
宮津節 ---- 京都府民謡
旅姿三人男 .... 宮本旅人/鈴木哲夫
海ゆかば .... 大伴家持/信時潔
コロッケの唄 ---- 益田太郎冠者/作曲者未詳
おたまじゃくしは蛙の子 .... 今川一彦/東辰三
よさこい節 ---- 高知県民謡
都々逸
泉のほとり ---- 深尾須磨子/橋本国彦
ぎっちょんちょん
お菓子と娘 .... 西條八十/橋本国彦
東京行進曲 .... 西條八十/中山晋平
さすらいの唄 ---- 北原白秋/中山晋平
真白き富士の根 ---- 三角錫子/インガルス
東京ラプソディー .... 門田ゆたか/古賀政男
白虎隊 .... 島田磬也/古賀政男
落葉松 ---- 北原白秋/長村金二
へらへらへ
千曲川旅情の歌 ---- 島崎藤村/弘田龍太郎
紅屋の娘 ---- 野口雨情/中山晋平
梅が枝の手水鉢
平城山 .... 北見志保子/平井康三郎
籠の鳥 .... 千野かおる/鳥取春陽
何日君再来 .... 黄嘉謨 長田恒雄/劉雪庵
秋の月 .... 作詞作曲 瀧廉太郎/編曲 山田耕筰
仙台節 .... 作詞作曲 後藤桃水
月の浜辺 .... 島田芳文/古賀政男
緑の地平線 .... 佐藤惣之助/古賀政男
青い背広で .... 佐藤惣之助/古賀政男
涙の弊 ---- 吉丸一昌/本居長世
麗人の唄 .... サトウ・ハチロー/堀内敬三
コンロン越えて .... 大木惇夫/古賀政男
恋のために 小林愛雄 清水金太郎/アイヒベルク
昼 ---- 林古渓/弘田龍太郎
サーカスの唄 .... 西條八十/古賀政男
祇園小唄 .... 長田幹彦/佐々紅華
椰子の実 .... 島崎藤村/大中寅二
雪の進軍 .... 作詞作曲 永井建子
支那むすめ .... 高橋掬太郎/服部良一
湯島の白梅 .... 佐伯孝夫/清水保雄
キャンプ小唄 .... 島田芳文/古賀政男
恋はやさし野辺の花よ ---- 小林愛雄/スッペ
表紙へ戻る