表紙へ戻る  
 はじめてご利用の方へ 
  
 d-score.comに関連する商品を
 ダウンロード販売するサイトです。
 
 楽譜表示ソフトScore Grapher Alive 
       価格 1,980円(税込)
 楽譜作成ソフトScore Grapher Lite
       価格 4,980円(税込)
 楽譜作成ソフトScore Grapher Pro
       価格 23,800円(税込)
  
 お気に入りのページを最大50件まで 
 記憶できる便利な機能です。
  
 歌詞を入力すると自動で作曲 
 
    スコアグラファー・コンポ
 
  ウェブアプリケーション(無料)
 
えんどうの花 ---- 金城栄治/宮良長包
大正13年6月(1924年)


えんどうの花


作詞 金城栄治
作曲 宮良長包



 メロディ・ラインからは、これが沖縄で最も親しまれている郷土の歌とは想像がつかないだろう。しかし、ウチナーンチュ(沖縄の人)が選ぶ沖縄の歌としては、必ずといっていいほどベスト10内に入る人気曲である。
 作詞の金城栄治は、これまで経歴がほとんど知られていなかったが、沖縄本島北部の天底(あめそこ)小学校や稲嶺小学校(現・真喜屋小)で教鞭を取った人物であり、この詞を書いたのは大正13年、彼が塩屋小学校に赴任していた当時の作品であることがわかった。2003年は、彼の生誕100周年にあたる。
 作曲の宮良長包(みやら・ちょうほう)は、石垣島出身の教育者であり、現代沖縄歌謡を語る時に欠かすことのできない人物。「(新)安里屋ユンタ」「なんた浜」「汗水(あしみじ)節」などを作った。


えんどうの花
一、
  えんどうのはなの ころ
  おさなときを おも
  うち軒端のきばに をくって
  がたかえった あのつばめ
ニ、
  えんどうのはなの ころ
  つめたいかぜが ふきました
  いもうとおぶって がた
  いちごりに ったやま
三、
  今朝けさはつめたい かぜ
  つばめが一羽いちわ んでいる
  えんどうのはたけは さむけれど
  わたしゃ一人ひとりで かえりましょう
【関連楽譜検索】

 唱歌に関連の出来事を年代順に表示しています






スコアグラファー・ライト
沖縄の楽譜
ちんちん千鳥 ---- 北原白秋/成田為三
江戸の子守唄 ---- わらべうた
なりやまあやぐ ---- 沖縄民謡
てぃんさぐぬ花 ---- 沖縄民謡
えんどうの花 ---- 金城栄治/宮良長包
ナークニー ---- 沖縄民謡
こいのぼり ---- 近藤宮子/無名著作物
守さ子守さ ---- 愛知県民謡/編曲 藤井清水
表紙へ戻る